メディアから読むロシア

2014年9月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小泉悠 (こいずみ・ゆう)

東京大学先端科学技術研究センター特任助教

1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。民間企業を経た後、2008年から未来工学研究所。09年には外務省国際情報統括官組織で専門分析員を兼任。10年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップによってモスクワの世界経済・国際関係研究所(IMEMO)に留学。専門は、ロシアの軍事・安全保障政策、軍需産業政策など。著書に軍事大国ロシア』(作品社)、『プーチンの国家戦略』(東京道堂出版)、『「帝国」ロシアの地政学』(東京堂出版)。『ロシアの軍事情報を配信するサイト「World Security Intelligence」(http://wsintell.org/top/)を運営。

 また、リトフキンはこの後も細かい兵器の種類などを挙げて、それがロシアからの軍事援助ではなくウクライナ軍から親露派が奪取したものであると説くのだが、ロシア軍しか装備していないT-72BM戦車やT-72B3戦車などが目撃されていること(一部は写真に収められ、携帯電話のExifデータから明らかにウクライナ領内で撮影されたものと分かる)などは無視している。リトフキンに言わせればこれも「NATOの初歩的な嘘」ということになるのだろうが、幾つかの偽情報を流すことは出来ても、ネット上にあふれかえる膨大な目撃情報や証拠写真の全てをNATOが捏造しているとはさすがに言えまい。

 ところで、紹介したリトフキンの記事は「ノヴォロシアの秘密兵器」と題されている。その意味ははっきりしないが、どうも愛国心に燃えたロシアからの「義勇兵」が秘密兵器だということのようだ。

 だが、「義勇兵」たちは本当に愛国心だけでウクライナへ渡っているのだろうが。そしてそこにはロシア政府の関与はないのだろうか。次回はある兵士の死を題材に、この点を考えてみたい。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る