地域再生のキーワード

2014年12月1日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

屋敷林の中の竹林

 幸田さんは、住民と商業者と行政が一体になって地域再生を目指すNPO法人「地域情報支援ネット」を立ち上げ、理事長を務めている。東大阪の宝である屋敷林を残そうと活動しているうちに、中甚兵衛に出会った。実は川中邸が庄屋だった中甚兵衛の生家だったのだ。

 地域の子どもたちに地元の偉人を知ってもらうにはどうしたらよいか。漫画が良いだろうというアイデアはすぐ浮かんだが、出版となると一大事。地域の人たちに次々と声をかけた。

 編集委員長には石上敏・大阪商業大学教授が就き、時代考証なども担当した。漫画は大阪在住のイラストレーター、智多ともさんが請け負ったが、江戸時代の服装から持ち物まで描くのは初めて。何度も描き直しを繰り返した。もちろん、屋敷林を守ってきた川中熈子さん知子さん母娘も毎回、編集会議に加わり、中甚兵衛の伝承を形に変えていった。

編集メンバーの皆さん

 問題は漫画本を製作する資金だった。自治体に支援してもらおうにも、中甚兵衛に関係する自治体は膨大で、ひとつの自治体や教育委員会では完結しない。何せ「河内」と呼ばれた地域にすっぽり入る市だけでも16あり、大阪市や堺市の一部も含まれるのだ。

 そこで発想を転換して広く有志の人々に資金提供を呼びかけることにした。今はやりのクラウド・ファンディングだ。クラウド・ファンディングを運営するREADYFORを利用して、中甚兵衛の漫画本プロジェクトへの協力を求めたのだ。

関連記事

新着記事

»もっと見る