「ひととき」特別企画

2015年4月2日

»著者プロフィール
金剛峯寺は高野山真言宗の総本山。宗務所がおかれており、この寺の住職(座主)が高野山真言宗管長に就任する

 そして、金剛峯寺執行で高野山真言宗の宗務総長公室長の山口文章(ぶんしょう)さんもまた、大らかな空気をまとっていた。名刺には、金剛峯寺山林部長と連記されている。

 「私は高野山で生まれ育ちましたが、大学は大阪で、林学を学び、その後、材木商社に勤めて、全国の森林を巡りました」

 そして、金剛峯寺の職員として戻ってきた。各地の森林を見た上で故郷に戻った山口さんは、高野山を特別な森と感じ、その保護にも尽力している。

山口文章さんとの熱い宗教談義は長時間にわたった

 「奇蹟の森なんです。特に、奥之院を巡ると感じますが、古杉の植生に驚かされます。林学の常識を超えて密集している。しかも、揺るぎない信仰の環境ができ上がっています」

 それは、空海が高野山を選んだ時点からあったものだと山口さんは考える。

 すると西山さん、「幼い頃から高野山に何度も来ているので、私の中では普通の場所になってしまっていましたが、奇蹟の森というお話に、いきなりビンタを喰らったような気分です」と打ち明ける。

関連記事

新着記事

»もっと見る