未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

2015年9月1日

»著者プロフィール

 同僚の男性に失恋した奈央さんは、彼を見返したい気持ちもあって、ネット婚活を開始した。3~4000円ずつを払って2つのサイトに登録すると、早速、好みの男性を発見。しかし、彼には別のサイトに誘導されるという散々な結果に終わった。

 しかし、ショックに打ちひしがれる暇もなく、もう一つのサイトでメッセージを送っていた男性から、「会わないか」と誘われて……。

 

ざっくばらんな関係を求める男


 「でも、こちらも酷かったんですよ」

 と奈央さんは、うんざりしたように言った。

 「酷いって、どういうことですか?」

 「結婚のためのサイトなのに、彼は結婚を考えてなくて、“ざっくばらんな関係”を求めているというんです」

 「確かに、後から言うのは酷いですね」

iStock

 「いいえ、最初から自己紹介にも書いてありました。だけど、意味が分からなかったので、とりあえず会う約束をしたんです。そしたら、当日になって待ち合わせ場所を急に変えられて、ターミナル駅で会う予定だったのが、私の仕事中に『マイナーな駅にする』という連絡が入っていたんです。時間もなかったので、指定の駅まで出かけたんですが、そこは彼の部屋のある町で、『このあと、どう?』と誘われました」

 「それでどうなったんですか?」

 ハラハラしながら尋ねると、

 「さすがに断って帰りましたけど、向こうもさばさばしたもので、『ニーズが合わないなら仕方ないね』って、それほど怖くありませんでした」

関連記事

新着記事

»もっと見る