あの負けがあってこそ

2015年11月28日

»著者プロフィール

「あの負け」から 強豪集う大舞台での覚醒

 「インカレ頑張ってきてね、私は全日本選手権の予選に出て頑張ってくるから」と後輩たちに伝えて、ほぼ同時期に行われる全日本選手権の千葉県予選に出場し、本戦への出場権を勝ち取った。

 全日本選手権は国内最高峰の大会である。各都道府県のチャンピオンが一堂に会するため、1回戦から一瞬の気も抜けないレベルの高い試合が続いた。
この実力者揃いの大会への挑戦が自分を覚醒させた。

 「強い相手ばかりだと臆するよりも、強い相手のほうが燃えますね。自然に闘志が湧いてきて、あぁこの感じ、この気持ちを忘れていたと思いました。大学生同士の大会では自分自身が作ってしまった精神的なプレッシャーに負けましたが、挑戦者として臨める全日本選手権は自分本来の負けず嫌いの性格が出て、実力が出せたのだと思います」

 「ですが、同時に今の自分には勝ち上がる実力がないことも感じて、良い意味で未熟さや無力さを知る機会になりました」

 この全日本選手権でベスト16に残った鷹見は、2年後にブラジルで開催される『世界剣道選手権』に出場する日本代表候補の強化合宿に召集された。

 全日本選手権で仰ぎ見た選手たちと稽古するうちに、改めて未熟さを知らされることになったが、その影響は大きかった。

 「実力がないという以前に、基礎的な礼法や剣道の基本がまったく出来ていないことを知らされて恥ずかしい思いをしました。それに私は勝敗にこだわってばかりいましたが、剣道の本質や奥の深さに触れることによって、私の考え方に少しずつ変化が表れて剣風も変わっていきました」

 「涙も出ないほど落ち込んで、上を見上げるようにして出場した全日本選手権が、人生最大の転機になりましたので、私にとっての『あの負け』は、インカレの予選で負けたことです。今振り返っても運命のようなものを感じます。何が好転のきっかけになるかわかりませんね」

関連記事

新着記事

»もっと見る