あの負けがあってこそ

2015年11月28日

»著者プロフィール
2015年世界選手権出場時の鷹見さん(前列右から4番目)

世界のトップとして 己を見つめるように

 「どん底の低迷期を経験したからこそ世界一になれたと思っていますし、社会人になっても自分の剣道を突き詰めてこれたと思っています。あの世界選手権の優勝後に『努力は報われる』ことを確信し、私が学生たちに『みんながやっていることは間違いじゃない』と指導してきたことを証明できたと思いました。そういう意味では私にとっても学生にとっても、良い結果だったと思っています」

 「ですが、私には『全日本選手権』での優勝経験がありません」と続け、国内では世界選手権で優勝するよりも、全日本選手権で優勝する方がむずかしいと言われていると明かした。

 全日本選手権は出場選手のレベルが高く、1回戦から予想のつかないハイレベルの試合が続くのに対し、世界選手権の出場選手たちのレベルはまちまちで、全日本選手権のそれに達していないというのが理由のようだ。

 「だから、世界一だから凄いね!という感じはあまりないんです。私も全日本選手権で優勝する選手が一番強いと思っています」

 だが、その一方で「世界一」の実績に恥じないよう、それまで以上によく考え、技の一つひとつにも集中し稽古に全力を注ぐようになった。また、常に周囲から見られていることを意識して、稽古や試合をビデオに収めて客観的に自分を見つめるようになった。

関連記事

新着記事

»もっと見る