海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年5月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

 結局、共和党候補指名争いにおいて16人の候補は、トランプ候補の独自の「不公平理論」に勝る議論ができず、「サイレントマジョリティ」に焦点を当てた有権者獲得の選挙戦略に敗れたのです。しかも、他の候補は、「予想不可能」なトランプ候補の持論に翻弄され、その結果、共和党候補指名争いは常に同候補のアジェンダを中心に展開していきました。

 「トランプ対クリントン」の一騎打ちになった場合、本選においてもトランプ候補は、まず予想不可能な言動により自身のアジェンダをクリントン候補よりも先行して設定し、次に同候補に反応させます。そのうえで、自身の立場を正当化させ、選挙戦の主導権を握るというループ(環)を作るでしょう(図表5)。

 指名争いで、16人の候補がトランプ候補のループの罠に嵌り、そこから抜け出せなくなったようにクリントン候補も同じパターンに陥ると、本選は予想外の展開になる可能性があります。

2人の共通課題

 トランプ候補とクリントン候補の喫緊の課題は党の統一になり、その課題を果たすために「副大統領のカード」をいかに効果的に切るかが焦点になります。トランプ候補は米ABCニュースの番組の中で、統一は必要ないと強気の発言をしていますが、党主流派に対する駆け引きと解釈できます。

 一方、クリントン候補は、明らかに党の一体化を図ろうと、サンダース陣営との融和を求めています。読者の皆さんに、それを物語るある1枚の写真を紹介しましょう。

 ペンシルべニア州フィラデルフィアにあったクリントン陣営の戸別訪問の拠点では、ある1枚の写真がボランティアの運動員に配布されました。08年民主党候補指名争い後、東部ニューハンプシャー州ユニティ(統一)という名前の町で、オバマ候補とクリントン候補(共に当時)が党の結束を図るために同じ舞台に立った写真です。

 もちろん、アフリカ系有権者の票に依存しているクリントン候補には、この写真を通じてオバマ大統領との良好な関係をアピールする狙いがあります。しかし、敢えて08年に党の結束の象徴となった場面の写真を使用したところに、クリントン陣営の本当の意図である党内の統一を窺うことができるのです。

 今後、クリントン候補は、バーニー・サンダース候補(無所属・バーモント州)と一体化を演出する機会を探していくでしょう。同様に、トランプ候補も党主流派との結束を演出する場を作るでしょう。両候補の「統一者」としてのリーダーシップが正に問われているのです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る