海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年5月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

 仮にオバマ大統領が原爆投下に対して謝罪した場合、それに抵抗感が強い有権者から同大統領は「弱いリーダー」として見られることは回避できません。トランプ候補が、同大統領の広島訪問と謝罪を結合させて米大統領選挙の争点にした場合、女性として初の米軍最高司令官を狙うクリントン候補に不利に働く可能性が出てきます。というのは、クリントン候補はオバマ大統領よりもタカ派だと言われていますが、有権者の間に女性リーダーに対してソフトで感情的であるというステレオタイプ(固定観念)が存在しているからです。リーダーシップは女性には適性ではなく、男性の特性であると認識している有権者は、トランプ候補の攻撃により自動的に同候補よりもクリントン候補は弱くて頼りにならないリーダーだと解釈するでしょう。

 従って、米大統領選挙の今後の展開を考えますと、原爆投下に対する否定と謝罪は、政権維持を望む与党民主党には決して得策にはならないと言わざるを得ません。

トランプの核拡散と危険なキャラクター

 トランプ候補は米ニューヨーク・タイムズ紙とのインタビューの中で、日韓核武装容認をしました。この核軍縮・核不拡散に逆行する発言は第1に、広島訪問を検討していたオバマ大統領の背中を押しました。第2に、日本国内でトランプ発言を利用して、日本核武装論を正当化する安全保障におけるタカ派に牽制球を投げる必要が出てきました。第3に、クリントン候補を援護するメッセージを発信する機会を得たのです。

 では、どのようにしてオバマ大統領はクリントン候補を援護することができるのでしょうか。民主党候補指名争いにおける集会においてクリントン陣営は、トランプ候補を「無謀であり危険な人物でもある」と強く非難してきました。南部テキサス州、中西部ミシガン州及び東部ペンシルべニア州などで戸別訪問を行いますと、クリントン支持者とサンダース支持者の双方が、口を揃えたかのようにトランプ候補を危険な人物として描きます。彼らは、トランプ候補は人種差別者であり、特定の人種や民族に対する憎悪を煽っているのは極めて危険であると語るのです。

関連記事

新着記事

»もっと見る