海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年5月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

 昨年の共和党テレビ討論会を振り返ってみましょう。ライバル候補がトランプ候補のキャラクターと「核のボタン」を結びつけて、彼にボタンを任せていいのかと疑問を投げかけた場面がありました。同候補の「危険な性格」と「核のボタン」を関連させた効果的な攻め方でした。

 オバマ大統領は、トランプ候補の名前を直接出さないまでも、核拡散を容認する危険な人物は、大統領になる資格がないというメッセージを原爆が投下された広島から発信できる機会を得たのです。もちろん、広島で過ごした時間を振り返って、ツイッターやフェイスブックでも発信できます。夏の民主党全国党大会における演説で、上のメッセージを発信することも可能になりました。いずれにしても、トランプ候補の日韓核武装容認発言とオバマ大統領の広島訪問が可能にしたクリントン援護のメッセージなのです。

感情移入と涙

 広島訪問に際して、オバマ大統領の人柄についても触れておきましょう。文化人類学で博士号を取得したオバマ大統領の母親アン・ダナムは、オバマ少年に感情移入の重要性を教育しました。アンは、自分が同じことをやられたらどのように思うのかとオバマ少年に問いかけ、彼の感情移入の能力を高めていったのです。オバマ大統領は、記者会見並びに演説で銃乱射事件の犠牲者や元自警団によって射殺されたアフリカ系の少年について語る時に、涙を浮かべ流すことさえあります。

 広島でオバマ大統領が母親からの問いかけを行い原爆被害者に感情移入をした時、たとえ涙を見せても、それは「謝罪」や「弱さ」ではなく、むしろ同大統領の人間性から出たものであるとトランプ支持者や退役軍人には解釈してもらいたいものです。


  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る