2023年2月4日(土)

野嶋剛が読み解くアジア最新事情

2016年5月20日

»著者プロフィール
閉じる

野嶋 剛 (のじま・つよし)

ジャーナリスト

1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com

ドゥテルテ氏の地元の店に置いてあるドゥテルテ写真人形。犯罪者対策で、魔除けのようなものだという(著者撮影)

分裂の怖さ思い知ったアキノ大統領

 アキノ大統領が早期にロハス氏に対して立候補を諦めさせてポー氏へ一本化をさせていればと誰もが感じているかもしれないが、大統領への強い野心を持ち、2010年の選挙では自分の応援に回ってくれたロハス氏を辞退に追い込むことは難しく、アキノ大統領はもともとそうした政治工作が得意とは言えないタイプだけに、結果的に「分裂」の怖さを思い知ることになった。

 アキノ大統領は、投票日2日前にフィリピンの英字紙「Philippine Daily Inquirer」に掲載されたインタビューのなかで、いささか感情的になりながら、こんな風にドゥテルテ氏を語っている。

 「私たちが、すでに自分たちが成し遂げたことを否定しないことを願っている。神は、私たちに、自由の価値を教えてくれているが、いまそれが失われようとしている。そうならないことを願っているが」

 「彼がこの2カ月で語ったことを思い出して欲しい。ジョークと受け止める人もいる。しかし、もし、(マニラ湾に10万人の死体を浮かべるという話が)本当ならば、それは犯罪に対する解決方法とは言えないのではないか」

 「彼はフィリピンをフィックス(世直し)する、と語っているが、その根本にあるものは何も語っていない。国を直すと、キャンペーンで繰り返しているだけで、非常に巧妙に、成功裏に、うまく人々を丸めこんでいる」

 これらの言葉は、ドゥテルテ氏の当選を避けたいと思いながら、阻止できそうになくなったアキノ大統領の悲鳴であるように私には思えた。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る