海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年6月28日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

 〝Let Trump Be Trump(トランプはトランプらしく)〟を提唱してきたルワンドウスキの戦略も変わった。マナフォートの起用以降、トランプの振る舞いは大統領らしく変化しつつある。エスタブリッシュメントやインサイダーへの国民の不満や不信感が高まる中、その象徴とみなされているプロンプターを最近になって使い始めた。他候補者と自らの支持率を並べ立てるだけであったスピーチの冒頭部分も、ペンシルヴァニア州においては、どれほど製造業が失われたかという具体的な数値に言及している。

 「クリントン対トランプ」で、本選が始まれば、〝ジェンダー・カード〟の切り合いになるだろう。〝女性のカード〟を切るクリントンに対抗するため、トランプはビル・クリントンの不倫問題についても言及し始めている。

 さらに、大統領は米軍の最高司令官でもあり、感情的というレッテルを貼られがちな女性は不適格とみなす人もいる。トランプは女性蔑視発言を繰り返し、〝男性のカード〟を切ることで、頼もしく安全保障に強いイメージを打ち出しており、安全保障に敏感に反応する主婦層、〝セキュリティー・ママ〟にもアピールしている。

 エスタブリッシュメント、インサイダーに加え、ビル・クリントン時代の〝重荷〟まで背負うヒラリー・クリントンに対し、〝重荷〟がないのもトランプの強さだ。現状では、最終的にトランプではなくクリントンが勝つ、と簡単に言うことはできない。

 現在発売中のWedge7月号では、「知られざるトランプ」と題して、誰も予想だにしなかったトランプ氏の大統領候補指名を、さまざまな角度から検証しました。こちらの書店や駅売店にてお買い求めいただけます。

■特集「MAKE AMERICA GREAT AGAIN! 知られざるトランプ」
  ・8つの名言でトランプをもっと知る
  ・すべては客のニーズ次第 貴族からアジテーターへの転向
  ・「強い」オバマがつかんだ新潮流に乗っかるトランプ
  ・「勝ち馬」に乗らざるを得ない 共和党の深刻な分裂
  ・世界はトランプをどう見ているか
  ・在日米軍は本当に撤退できるのか
  ・勝敗分けるは選挙参謀 苦戦するクリントンの弱み 
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2016年7月号より

 


 

関連記事

新着記事

»もっと見る