海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年8月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

好感度

 2016年米大統領選挙は、好感度の低い候補者同士の戦いになりました。共和党全国大会でトランプ陣営は、トランプ候補の好感度アップを狙い、娘や息子に同候補の人間性について語らせたのです。

 一方、クリントン陣営は、夫のクリントン元大統領がクリントン候補に関するストーリーを交えながら、彼女の人間らしさについて演説を行ったのです。同候補も、ストーリーテリング(物語を語る)の手法を用いて、両親のストーリーを語り、好感度の向上を狙いました。

 米ギャラップ社の世論調査(16年7月1日-同月27日実施)によりますと、若者(18-29歳)のクリントン候補に対する好感度は31%です。ちなみに、オバマ大統領のそれは65%、サンダース上院議員は64%です。そこで、同候補は、特に未婚の女性と若者に対する好感度のアップに焦点を当てています。12年米大統領選挙において、オバマ大統領は出口調査で若者の60%を獲得しました。今回の選挙でクリントン候補は、その数字に到達することが困難であると判断した場合、若者の支持率のマイナスを補う必要があります。

 東部ニューハンプシャー州コンコードで戸別訪問を行った際、クリントン支持の中高年の白人女性が、共和党支持の夫がジョン・ケーシックオハイオ州知事以外の候補が共和党指名を獲得した場合、クリントン候補に投票をすると語っていると筆者に教えてくれました。同候補には、トランプ候補に反対する共和党の中道左派の票を奪い、若者の支持率のマイナスを補うという選択肢があります。

 とはいえ、女性、ヒスパニック系、アフリカ系、若者及び同性愛者から構成された「異文化連合軍」の票を組み合わせて勝利を収めたいクリントン候補にとって、若者の票は不可欠なのです。本選でクリントン陣営は、高校や大学に出向き支持拡大を目的とした選挙運動を展開するでしょう。すでに、激戦州バージニア州北部のクリントン陣営には、ジョージメイソン大学担当の有給のスタッフが働いています。

関連記事

新着記事

»もっと見る