海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年8月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

新たなネガティブキャンペーン

 従来型ネガティブキャンペーンは、主として各陣営や特定の候補を応援する政治団体によるテレビ広告でした。ところが、今回の大統領選挙では、非従来型ネガティブキャンペーンが展開される可能性があります。

 内部告発サイト「ウィキリークス」が、本来公平な立場をとるべき民主党全国委員会がサンダース上院議員の選挙運動に不利に働く方法を模索していたことを、暴露したのです。民主党候補指名争いにおいて、サンダース上院議員は民主党全国委員会がクリントン候補の肩入れをしていると指摘してきました。それでも、同上院議員は、民主党全国大会で党内融和を呼びかけて、クリントン陣営に対するダメージコントロールを行いましたが、ウィキリークスの告発は同陣営にとってマイナスになったことは明らかです。

 それに加えて、民主党全国大会の最中、クリントン候補のメール問題に対する発言がトランプ候補から飛び出したのです。同候補は、ロシアにクリントン候補が削除した約3万通のメールをハッキングして見つけ出して欲しいと述べたのです。この狙いはメディアが民主党全国大会を連日放送していたので、予想不可能な発言をして注目度を高めようとしたことは明白です。だた、それが現実になり、仮に本選でクリントン候補を標的としたウィキリークス及びロシアによるネガティブキャンペーンが展開された場合、対応に迫られることになります。これまでに経験したことのない非従来型ネガティブキャンペーンに対する対策が必要になるのです。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る