2022年9月28日(水)

使えない上司・使えない部下

2016年8月18日

»著者プロフィール

“雄弁”を活かし嘘の報告繰り返す

株式会社ケーエムケーワールド、代表取締役車陸昭さん

 それで内定を出し、営業部に配属したのですが、雄弁を間違った場で使うのです。たとえば、上司に嘘の報告をします。午前10時から午後6時まで外周りをするのですが、2件しか、会社を訪問しないのです。上司が「なぜ、2件なの?」と聞くと、いろいろな理由をつけて言い訳をします。

 エクセルシートにデータを入力する仕事をさせると、2時間かけてもできない。同世代の社員は、15分ほどで終えます。上司が理由を聞くと、言い訳をします。この言い訳にみんながだまされます。

 その後、「技術職に異動をしたい」と言いましたから、認めました。しかし、技術の部でも、嘘の報告を繰り返します。最後は、上司や先輩たちの多くが、あきれ返るほどでした。

 結局、3年ほど在籍し、辞めました。仕事へのいい加減な姿勢を変えようとはしなかったのです。期待をしていただけに、残念な思いがあります。雄弁という武器をいい方向に生かしてほしかった。

 もうひとりは、名門大学の理系学部を卒業し、新卒で入社した男性です。技術職としてシステム開発に関わったのですが、仕事をマスターすることがなかなかできません。

 入社直後から半年かけて、社内で研修をしました。何人もの先輩や上司が教えたのですが、いつまでもできないのです。結局、数年後に退職しました。

新着記事

»もっと見る