「子縁」でつながる秋津地域のお父さん 

2016年9月30日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岸 裕司 (きし・ゆうじ)

秋津コミュニティ顧問

1952年東京生まれ。広告・デザイン会社の(株)パンゲア代表取締役、習志野市立秋津小学校PTA会長時に秋津コミュニティ創設、会長を経て現在顧問兼秋津小学校コミュニティルーム運営委員会顧問。文部科学省委嘱コミュニティ・スクール推進員、学校と地域の融合教育研究会副会長、埼玉大学・日本大学非常勤講師、ほか。著書に『「地域暮らし」宣言』『学校を基地にお父さんのまちづくり』(ともに太郎次郎社エディタス)、『学校開放でまち育て』(学芸出版社)など。

ノーマライゼイションのまち育て

 とはいえ交流授業の開始までには困難なこともありました。

 それは、園の児童の保護者からの意見でした。

 「健常児の子どもたちとふれあわせたくない」との意見が大方でしたから。

 しかし、園に通うために秋津のまちなかで子ども同士もすれ違います。

 また秋津小学校には特別支援学級(当時は「特殊学級」)がないことから、本籍は秋津小学校に置き、あかしあ学園に通う子も年度によってはいます。

 そこで学校と園は粘り強く話し合い、交流授業が実現したのです。

 校長さんの意見は、そんな背景からトラブルを案じたのでした。

 このような積み重ねで育んできた交流から、秋津まつりでのゴミの片づけへとつながっていきました。

 今月、リオ・パラリンピックでのさまざまな元気に感動したいっぽうで、7月に相模原市の知的障がい者施設で起きた悲惨な事件の続報が続いていただけに、だれでもが温かく助け合えるノーマライゼイションのまちの創造にいっそう励みたいと思いました。

 では次回まで、今回もアテ・ローゴ!(ポルトガル語の「またね!」)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る