ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2016年11月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

よかれと思って「アドバイス」したのに……

 そして日常の関わりは部分的で意思決定が中心となったお父さんは、子育てに関して、お母さんへの口頭指示をしてしまいがちです。

 自分も子育てに参加したい、いつもがんばってくれている妻の手伝いをしたい、という気持ちからなのですが、

 「こうした方がいいよ」

 「そんな言い方だとモチベーション下がるよ、もうちょっと考えて話してみようよ」

 「この本参考になるから読んでみたらどう?」

 といった「アドバイス」を、お母さんに対して行ってしまうのです。

 でも、このスタイルの子育て参加は残念ながら上手く行きません。

 そもそも、マネジャーになって欲しいとは奥さんも思っていないでしょうし、マネジャーとしてみても、この関わり方は良いやり方ではありません。

 マネジャーがチームを成功させていくには、行動はメンバーを信頼して任せ、責任は自分が負うというのが基本であるにもかかわらず、こういった「アドバイス」は真逆を行っているからです。

 このあたり、ビジネスにおいてマネジメントしていたり、されていたりする経験を思い起こしていただくと分かりやすいと思います。

 よかれと思ってしたアドバイスでしたが、お母さんの子育てに対してのダメ出しにしかなっていませんし、言葉は丁寧でも実際にはお母さんに行動を指示しただけですから、「上手く行かなかった時はわたしのせいになるんだろうな」と感じさせるおそれもあります。

 「そんなに信用できないなら、あなたがやったらいいじゃない!」と怒り出したり、

 「どうせ私が悪いんでしょ!」と泣き出したりするお母さんの姿が目に浮かびます。

 困りますね。

子どもとの間でも同じ問題が起きている

 これと全く同じ図式は、子どもと親との間でも起きがちです。

 勉強やスポーツでもっといい点数を取らせてあげたい、上達させてあげたい、成功させてあげたいという気持ちから、

 「こうした方がいいと思うよ」

 「そんな計画ではテストに間に合わないでしょ、もうちょっと考えて取り組みなさい」

 「この本、トレーニングの参考になるから読んでみたら?」

 といった「アドバイス」を、お母さんがお子さんにする。

 「ありがとう」とは返ってこないにしても、「は~い」と返事ぐらいはするかなと思って。

 ところがお子さんは、

 「そんなに信用できないなら、ママが自分でやったらいいじゃない!」と怒り出したり、

 「どうせ僕バカだもん!!」と言って部屋にこもってしまったりする。

 そんなつもりで言ってないのに、なんで??

 反抗期かしら?

 子どもにどう接したらいいのか分からなくなって、悩んでしまいそうです。

 さてどうしたらいいでしょうか。

関連記事

新着記事

»もっと見る