定年バックパッカー海外放浪記

2017年3月26日

»著者プロフィール

モーテル選びの最難関はお値段

ニューメキシコ州西端のテキサス州境に近い田舎町ツクムカリのブルー・スワロー・モーテルは第二次世界大戦勃発の1939年創業。現在も創業者の親族が経営を引き継いでいて数か月先まで予約で一杯

 一番苦労したのは一泊50ドルという壁である。冷蔵庫、電子レンジ、フリーWIFIという三種の神器を備えた50ドル前後のモーテルがターゲットだ。1カ月半の結果は最高75ドル、最低38ドル25セント、平均すると53ドルくらいか。

テキサス州にあるルート66の中間地点。しかしルート66は年代により無数に経路が変更しているので厳密には中間地点は測定できない

 アリゾナ州中部のルート66は北にグランドキャニオン、モニュメント・バレー、アンテロープ、南にセドナという有名観光地に囲まれておりモーテルは数が多いが、料金は高めであり特に週末は料金が跳ね上がる。Williamsでは30軒くらいチェックしたが断念してFlagstaffまで戻ったこともある。Flagstaffはグランドキャニオン、セドナの帰りにも二度宿泊したがともに20軒前後をまわった。1カ月半を通しての結論は一つの町で10軒以内で決めることができればラッキーである。

 ネットで事前にチェックすれば造作ないと思うかもしれないが実際にネットで検索できるモーテルには50ドル以下はほとんどない。また安いモーテルが検索できても場所が不便であったり、環境が最悪であったりと期待はずれが多い。多少時間をかけても車で走りながら一軒一軒現物確認してゆく方法が確実であり時間の節約となる。

関連記事

新着記事

»もっと見る