定年バックパッカー海外放浪記

2017年5月21日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

ウォルマートはオジサン二人の“生命線”(lifeline)

全米第5位のスーパーであるターゲット。食品から電気製品・おもちゃ・ファッションとなんでもありの新興ディスカウントショップ

 ルート66を走り始めてから数日もしないうちにレストランで食事をするのは法外な出費となることを思い知らされた。ガソリンスタンドに併設されているファーストフードですら一番安いホットドッグが3ドルもする。フレンチフライと飲み物を付けると税込み7ドル以上だ。

 自衛策として食料品をスーパーで買って三度三度の食事を摂ることになった。そのためほぼ毎日スーパー詣で。なかでも一番お世話になったのが全米最大の総合スーパーのウォルマートだ。豊富な品揃えとリーズナブルな価格は大変有難かった。毎日午後宿泊する町に到着すると先ずウォルマートを探した。

 慣れてくるとコスパ優先で選ぶ商品が次第に固定してくる。不滅の定番はキャベツ、レタス、ニンジンなどが入っているカット野菜。一袋70セントで2人分の夕食、朝食の2回分のサラダになる。また現地生産のカップ麺はチキン醬油味、トムヤムクン風味、カレー風味の三種類があり通常は1つ70セントであるがセール特価では50セントであったので定番に。

ユナイテッド・スーパーマーケットはテキサス州に展開する1916年創業の老舗スーパー

 缶詰類も定番でありニューイングランド風クラムチャウダーは一缶1ドル程度なので頻繁に購入。缶詰では魚介類もお得感があった。定番のツナ缶の他にイワシ、牡蠣、ムール貝も評価できた。さらに缶詰ではビーフシチュウ、ポークビーンズも2ドル以下でコスパ的に優れものだ。

 肉類では圧倒的にグリルで焼いているチキンが安く一羽で3ドル半~5ドル弱。味付けも塩コショウ、レモン&ハーブ、ピリ辛ソースなどバラエティー豊か。またフライドチキンもスーパーの特売の目玉商品である。

 またウォルマートのアルコール売場はワインの低価格帯の品揃えが良く1リットル以上の大瓶で購入してモーテルに到着すると冷蔵庫へ直行。ビールは地域で価格が異なり概してバドワイザーが高く、クワースが比較的安かった。また瓶入りは缶入りより15%くらい割高であった。

関連記事

新着記事

»もっと見る