海野素央の Love Trumps Hate

2017年5月31日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

トランプ弾劾促進の3要素 

 リチャード・ニクソン元大統領は、罷免をされる前に辞任したので弾劾裁判を逃れることができました。米世論調査機関ギャラップ社による辞任直前の同元大統領の支持率は24%でした。ギャラップ社が実施したトランプ大統領の週の平均支持率(2017年5月15-21日)は38%です。

 前回の「反面教師にしたいトランプのクビの切り方」で説明しましたが、同大統領の支持率が仮に30%以下に低下すると弾劾がかなり現実味を帯びてくるでしょう。

 弾劾の危機に直面したジョンソン、ニクソン及びクリントンの各大統領と比較しますと、トランプ大統領にはユニークな弾劾促進の3要素が存在します。第1はコミー解任によって生まれたFBI職員の結束、第2はフェイク(偽)とレッテルを貼られた米メディアの巻き返し、第3はトランプ政権内に残っているオバマ前大統領に指名された職員によるリークです。同大統領はこれらの3要素を止めることができないと筆者はみています。

【修正6月1日】

(「トランプ弾劾促進の3要素」1行目)「リャード・ニクソン元大統領は弾劾訴追されましたが、罷免される前に辞職しました。」を修正しました。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る