海野素央の Love Trumps Hate

2017年10月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

トランプ信者の実態

 次に、大手米コンサルタント会社に勤務し、日本に駐在経験がある白人男性B氏(75)を紹介しましょう。B 氏は、コンサルタントの視点でトランプ大統領を分析していました。

 「外部からCEO(最高経営責任者)を選ぶと、企業文化に変革が起きます。トランプはアウトサイダーです。私は、彼がワシントンに変革をもたらすと信じています」

 ホワイトハウスのスタッフ及び長官の相次ぐ更迭や辞任により、大抵の米国民はトランプ政権内が混沌とした状態になっていると認識しています。ところが、B氏はまったく異なった見方をしていました。

 「組織に変革が起きる前は、混沌とした状態になります」

 B 氏によれば、混沌とした状態を経て組織変革が生じるので、現在のトランプ政権はまったく「正常」な状態であるということでした。

 B氏は8月に南部バージニア州シャーロッツビルで発生した白人至上主義者と反対派との衝突事件に関して、トランプ大統領の「双方に非がある」という発言を強く支持していました。同大統領が、人種差別者とみられている西部アリゾナ州の元保安官ジョー・アルパイオ被告に与えた恩赦に関しても賛成していました。

 それらに加えて、B氏はトランプ大統領に対する偏見に満ちた報道の仕方を批判し、オバマ前大統領の医療保険制度改革(通称オバマケア)の廃案と置き換え、税制改革における法人税の減税といった同大統領の政策をすべて正当化しました。B氏は、正真正銘のトランプ信者でした。

 次に熱狂的なトランプ信者であり、トランプ大統領と一体化している白人女性C氏(75)です。彼女は、トランプ大統領をこう表現しました。

 「彼はファイターです」

 B氏と同様、C氏もメディアに対して強い不満を持っていました。

 「メディアはトランプを肯定的に報道していません。ですからトランプはツイッターを使って中間層と直接コミュニケーションをとっているのです」

 C 氏は、シャーロッツビルで生じた衝突事件におけるトランプ大統領の例の発言並びにアルパイオ被告に対する恩赦に関して、B氏とまったく同じ立場をとっていました。

 「アルパイオはウィスコンシン州の出身です。私もウィスコンシン州で生まれました。アルパイオの言動を注視してきましたが、彼は人種差別者ではありません。私は、彼の行動は正しいと思っています」

 C 氏は、アルパイオ被告が法を順守し、米国社会に秩序を回復させようと行動したとみていたのです。DACAに関しても法と関連づけて、次のように指摘しました。

 「法は順守されるべきです。不法移民は一旦自国に戻り、合法な手続きをとって米国に戻ってくるべきです」

 まさに、トランプ大統領の主張そのものです。明らかに、C 氏には同大統領の考え方が浸透していました。彼女は2016年米大統領選挙でトランプ陣営とロシア政府が共謀した疑惑「ロシアゲート」についても、トランプ大統領の影響を受けていました。ロシアゲートに関して、自信を持って次のように回答したのです。

 「私はロシアゲートをまったく信じていません。ロシアは、(米大統領選挙の)選挙結果に影響を及ぼすようなことは何もしていません」

 たとえメディアがロシアゲートに関する正確な情報を流したとしても、C氏はそれらを「フェイク・ニュース」として片づけてしまうでしょう。

 「トランプは億マン長者です。大抵の億マン長者は普通の人々の生活を気にかけようとはしません。しかしトランプは違います。彼は国や普通の人々の生活を気遣っています」

 C氏は、トランプ大統領を極めて高く評価していました。

関連記事

新着記事

»もっと見る