海野素央の Love Trumps Hate

2017年12月30日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

2018年米中間選挙とキリスト教右派

 来年は、11月6日に中間選挙の投票が行われます。もちろん投票用紙にはトランプ大統領の名前が記載されていませんが、有権者は大統領の言動を意識して投票を行うことは間違いありません。

 連邦上院は現在、与党共和党が51議席、野党民主党が49議席で拮抗しています。一方、連邦下院は共和党が民主党を24議席上回っているのですが、選挙に対する熱意は民主党が高くなることが予想されます。保守派の市民運動「ティーパーティー」旋風が起きた2010年の中間選挙がそうでしたが、熱意は勝敗を占ううえで非常に重要な要素になります。

 下院は、大統領に対して弾劾の発議を起こすことができます。スティーブン・バノン元首席戦略官兼大統領上級顧問が会長を務める極右サイト「ブライトバート・ニュース」は、「もし下院で民主党が多数派になれば、彼らはトランプ大統領を弾劾するための土台を築くだろう」と、トランプ支持者に警告を発しています。

 トランプ大統領にとって、下院の敗北は弾劾手続きへの第一歩となるわけです。それを阻止するには、中間選挙でキリスト教右派の票に依存せざるを得ません。その結果、同派のトランプ大統領への影響力が増すことになります。

北朝鮮問題とキリスト教右派

 来年は、特に北朝鮮問題に関するキリスト教右派の牧師の発言に注意が必要です。8月、トランプ大統領が「北朝鮮が米国を脅し続けるならば、世界が見たこともないような炎と激怒に直面するだろう」と述べると、南部テキサス州ダラスにある第一バプテスト教会の牧師ロバート・ジェフレス博士が、「神がトランプ大統領に金正恩を『取り除く』ための道徳的権限を与えた」という声明を発表しました。

 ジェフレス氏は、「聖書では悪魔を打ち負かすために、戦争を含めた必要な手段は何でも使用できる完全な権力を支配者に捧げている」と語り、トランプ大統領の北朝鮮に対する軍事行動を支持しました。米メディアによりますと、1月20日、トランプ大統領の就任式が行われた日の朝の説教で、同氏はエルサレムの周りに「壁」を建設して市民を守ったユダヤ人指導者ネヘミヤについて述べ、「神は壁建設に反対していない」と語りました。明らかに、トランプ大統領のメキシコとの国境の壁建設を正当化したのです。

 ジェフレス氏はキリスト教右派で、トランプ大統領の宗教上のアドバイザーです。しかし、上で説明しましたように、同氏は政治色の強い牧師であるといえます。

 日本にとって、2018年はジョン・ケリー大統領首席補佐官、H・R・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)及びジェームズ・マティス国防長官といった軍人出身者に加えて、北朝鮮問題に関してキリスト教右派の存在も無視できなくなってくる可能性が出てくるかもしれません。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る