2023年2月5日(日)

定年バックパッカー海外放浪記

2018年8月16日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

リージェント・パークのインナー・サークルのゲート

犯人の遊び仲間に遭遇

 ダンステイブルで1泊して態勢を立て直そうと宿を探していると、ファーストフード店の前のベンチに座っていた若いカップルが手招きしている。何事かと近づくと彼らは公園でビールを飲んでいた5~6人のグループにいた2人であった。

 事件について話すと男は執拗に「幾ら盗られた?」と盗まれた金額を聞き出そうとする。男はジョーと名乗った犯人を脅して分け前にあずかろうという魂胆であろう。金額については教えずに逆にジョーの居所を聞いた。

 男はジョーの名前と彼の携帯電話番号を答えたが、後日警察でチェックしたところやはり偽情報であった。

警察の対応はマニュアルどおり

 ファーストフード店に入り事情を説明して電話を借りて警察に緊急通報。緊急通報すると火事、救急、事件のいずれかを聞かれる。事件であれば警察に電話を繋ぐという仕組みである。警察の受付に事件の概要及び当方の姓名、国籍、携帯電話番号、携帯のメルアド等を伝えた。

 係官は事件に緊急性がないと判断した様子で「本事件の担当官が決定したら担当官から電話ないしメールで連絡するのでしばしお待ちください」と抑揚のない口調で事務的に電話を切った。

⇒第2回に続く

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る