2023年1月27日(金)

ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2018年12月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

できるだけ「異なる店」「異なる料理」を選択する

ここからは、外食を食べるときに「共通して留意したいこと」をあげる。

・「他の二食」を考える。外食が昼食ならば、「朝は何を食べたか」「夜は何を食べることになりそうか」を考え、重ならないように、食べすぎにならないように、栄養素が偏らないように、配慮して店を選択する。

・セットにしない。一般食堂では単品物よりも定食物を薦めるが、カレーや牛丼やラーメンなどの専門食堂では「セット物」を頼むとカロリーや塩分が過剰になる。

・飲み物は水かお茶。外食はカロリーオーバーになりがちなので、飲み物はノーカロリーの物に限定する。フレンチにワイン、ラーメンや餃子にビール、そばに日本酒が合うことよくわかるが、現代では、外食はハレの日の食事ではなく日常茶飯事だ。「特別な日だからお酒もいっしょに」ではなく、「飲酒機会は改めて」にしたい。

・同じ物を頼まない。できるだけ偏らないようにするために、「いつも同じ物を食べる」ことを止めよう。店に入ったらまずメニューを見る。新たな気持ちで「いつもとは違うものを食べる」習慣を身につけよう。ついでにカロリー表示があったら目を通そう(必ずカロリーの少ない物を選べという意味ではない)。

・ゆっくり食べる。外食、とりわけ一皿料理はあっという間に食べてしまいがち。栄養的にも好ましくないし、アッという間に食べ終わると、満腹感はあっても満足感に乏しい食事となる。すると、間食などが食べたくなる。

・残す勇気を! 食品ロス問題は「注文する前」に考えよう。注文したあとは「多いな」と思ったら躊躇なく残す勇気を持とう。働き盛りのビジネスパーソンが健康を崩すと、自分だけではなく、家族、会社、そして社会の損失となるのだから。

・「ものすごい空腹」にしない。満腹のときに外食はしないだろうが、ものすごく空腹の状態で食堂に入らないようにしたい。そうなりそうなときは、小さなパンや果物やチーズなどを一口かじる。空腹すぎると、食べる物の選択を誤る(必要以上にたくさん注文する)ハメになる。

・食べた物を家族に伝える。家族のある人なら、昼食に何を食べたかを調理担当者に伝えよう(こういうときこそLINEを!)。食生活の偏りを多少は避けることが可能になる。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る