補講 北朝鮮入門

2019年1月4日

»著者プロフィール
閉じる

礒﨑敦仁 (いそざき・あつひと)

慶應義塾大学准教授

1975年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部中退。在学中、上海師範大学で中国語を学ぶ。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、ソウル大学大学院博士課程に留学。在中国日本国大使館専門調査員、外務省専門分析員、警察大学校専門講師、東京大学非常勤講師、ジョージワシントン大学客員研究員、ウッドロウ・ウィルソンセンター客員研究員を歴任。慶應義塾大学専任講師を経て2015年から現職。共編に『北朝鮮と人間の安全保障』(慶應義塾大学出版会、2009年)など。

[執筆記事]
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

<参考資料>
 朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は、毎年1月3日頃に「新年の辞」の基本体系を理解するための要旨を掲載している。参考までに、その全文翻訳を添付する。
「今年の新年の辞の基本内容―敬愛する最高領導者同志の新年の辞を深く学習しよう」『労働新聞』2019年1月3日付。

 敬愛する最高領導者金正恩同志は主体108(2019)年新年を迎えて歴史的な新年の辞を述べられた。
 今年の新年の辞の基本思想は、朝鮮革命の全路程でいつでも闘争の旗幟となり飛躍の原動力になってきた自力更生を反映の宝剣として捉え、社会主義建設の全ての前線で革命的高揚を起こしていかなければならないというものである。
1.昨年わが人民が成し遂げた誇らしい勝利
①党中央委員会第7期第3回全員会議を契機に、われわれの革命を新たに上昇させて社会主義の前進速度を引き続き高めていった。
②わが人民は、大きな矜持と自負心を抱いて栄光なる朝鮮民主主義人民共和国創建70周年を盛大に慶祝した。
③全人民が経済建設に総力を集中することについての党の新たな戦略的路線貫徹に邁進し、自力経済の土台をいっそう強化した。
・人民経済の主体化路線を貫徹するための闘争で意味があり貴重な前進が成し遂げられた。
・石炭工業部門と農業部門で生産闘争、増産闘争を力強く繰り広げた。
・軍需工業部門で経済発展と人民生活向上を推し進めた。
・労働党時代を輝かせるための膨大な大建設事業が立体的に幅広く展開された。
④科学教育事業で革命的転換が起こった。
⑤文化芸術部門で大集団体操と芸術公演を創作公演し、内外で大きな反響を呼び起こし、主体芸術の発展面貌と特有の優越性を明確に示威した。
2.今年社会主義建設の全ての前線で革命的高揚を起こしていくための課業と方途
今年我々の前には国の自立的発展能力を拡大強化して社会主義建設の進歩のための確固たる展望を開いておくべき闘争課業が出ている。
今年われわれが掲げていくべきスローガン

 敬愛する最高領導者金正恩同志は、次の通りお話された。
「『自力更生の旗幟高く社会主義建設の新たな進撃路を開いていこう!』、これがわれわれが掲げていくべきスローガンです。」


1)社会主義建設の全前線で革命的高揚を起こしていくための課業
①社会主義自立経済の威力をさらに強化することである。
・人民経済全般を整備補強して活性化するための国家的な作戦を正しく、強く執行していかなければならない。
・国家的に人材育成と科学技術発展を重視しなくてはならない。
・人民経済の全ての部門で国家経済発展5か年戦略目標遂行に拍車を掛けなければならない。
・人民生活を画期的に高めなければならない。
・大層な大建設事業を幅広く繰り広げなければならない。
・山林復旧戦闘2段階課業を積極的に推進して原生林緑化と都市経営、道路管理事業を改善して環境汚染を徹底して防がなければならない。
・全ての部門、全ての単位で予備と可能性、潜在力を最大限探求動員して、増産して節約し、人民経済計画を指標別に冠水しなくてはならない。
②社会主義のわれわれの国家の政治思想的力を百方に固めていくことである。
・主体の人民観、人民哲学を党と国家活動に徹底的に具現し、広範な群衆を党の周りにしっかりとまとめなければならない。
・全党員と勤労者は、わが国家第一主義を信念として大切にし、われわれ式で社会主義経済建設を力強く急き立てていき、誠実な血と汗で祖国の偉大な歴史を書いていかねばならない。
③社会主義文明建設を急き立てることである。
・全社会に革命的学習気風と文化情緒生活気風を立てなければならない。
・文学芸術部門では、時代と現実を反映して大衆の心を掴む文芸作品を立派に創作しなくてはならない。
・保健部門で製薬工場と医療器具工場を現代化して医療機関の面貌を一新して医療奉仕水準を高めなければならない。
・大衆体育活動を活発に繰り広げて専門体育技術を発展させなければならない。
・社会主義生活様式と高尚な道徳気風を確立するための大風を起こさなければならない。
④国家防衛力をしっかりと固めることである。
・人民軍隊は、党と革命、祖国と人民の安全を頼もしく守護して社会主義建設の戦闘場ごとに奇跡的な神話を創造しなくてはならない。
・朝鮮人民内務軍は、革命の赤い盾のようにわれわれの党と制度、人民を決死保衛しなくてはならない。
・労農赤衛軍は、創建60周年を迎える今年、戦闘力強化で転換をもたらさねばならない。
・軍需工業部門で国の防衛力を世界先進国家水準に引き続き向上させ、経済建設を積極的に支援しなければならない。
2)社会主義建設の全ての前線で革命的高揚を起こしていくための方途
①革命の指揮成員である活動家が決心と覚悟をしっかりとして奮発し闘争しなくてはならない。
②社会主義建設で青年がしっかりと役割を果たさなければならない。
③党組織の役割を決定的に高めなければならない。
3.北南関係発展と祖国統一偉業遂行における課業とわが党と共和国政府の対外政策的立場
1)北南関係発展と祖国統一偉業遂行における課業
(1)昨年北南関係で起きた劇的な変化
①北南間に武力による同族戦争を終息させることを確約した。
②民族的和解と統一熱気を熱く高潮させた。
③民族の共同繁栄のための意味ある第一歩を踏み出した。
(2)新年北南関係発展と平和反映、祖国統一のための闘争でより大きな進展を成し遂げるための課業
 全民族が「歴史的な北南宣言を徹底的に履行して朝鮮半島の平和と繁栄、統一の全盛期を開いていこう!」というスローガンを高く掲げていかなければならない。
①北南間の軍事的敵対関係を根源的に清算して朝鮮半島を恒久的で強固な平和地帯にしなければならない。
②北南間の協力と交流を全面的に拡大発展させなければならない。
③全民族的合意に基づいた平和的な統一方案を積極的に模索しなければならず、その実現のために真摯な努力を傾けなければならない。
2)わが党と共和国政府の対外政策立場
(1)昨年世界の平和と安全を守護して各国との親善を拡大強化するための闘争で成し遂げられた成果
①社会主義諸国間の戦略的な意思疎通と伝統的な親善協調関係を強化した。
②わが国と世界各国との間の相互理解が深まり国際社会の健全な発展を推し進めようとする立場と意志が確認された。
③朝米関係を劇的に転換させ、朝鮮半島と地域の平和と安全を保障することに大きく寄与した。
(2)朝米関係に関するわが党と共和国政府の立場
①両国人民の志向と時代発展の要求に合うよう新たな関係樹立に向かって出ていく用意があるというものである。
②米国が依然として共和国に対する制裁と圧迫に出てくるならば、われわれとしても新たな道を模索せざるを得ないというものである。
③周辺諸国と国際社会は、われわれの誠意ある立場と努力を指示して平和を破壊して正義に逆行するあらゆる行為と挑戦に反対して闘争しなくてはらないというものである。
(3)わが党と共和国政府の対外政策的立場
 わが党と共和国政府は、自主、平和、親善の理念に従って社会主義諸国との団結と協調を引き続き強化し、われわれに友好的に対する全ての国との関係を発展させていくであろう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

 

関連記事

新着記事

»もっと見る