2023年1月31日(火)

前向きに読み解く経済の裏側

2019年3月4日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

経済評論家

1981年 東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の業務に従事。2005年 銀行を退職して久留米大学へ。現職は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は一個人として行うものであるため、肩書きは「経済評論家」とする。

初心者の損切りは「行動経済学」の要請

 行動経済学という学問分野があります。経済学と心理学の融合を図っている新しい分野なのですが、その研究成果の一つに「人間は、損失を回復するためなら過大なリスクも厭わない」というものがあります。

 人間は、儲かっている時には、儲けを倍にする事よりもせっかくの儲けを失わない事を重視するのだそうです。投資初心者がすぐに利食い売りをしたがるのは、それが原因なのですね。

 一方で、人間は損をしている時には「何としても損をとりもどそう」とするので、損が取り戻せる可能性に賭けようとして過大なリスクをとり、結果として大損をする事があるそうです。投資初心者が損切りをせずに大損をすることがあるのは、それが原因なのですね。

 そうであれば、投資初心者は自分にも人間としての癖があることを認識して、「損が出た時に取り戻そうと欲張らずに素直に諦める」というルールを決めておくことが重要だ、ということになるわけですね。


新着記事

»もっと見る