2023年1月31日(火)

前向きに読み解く経済の裏側

2019年3月4日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

経済評論家

1981年 東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の業務に従事。2005年 銀行を退職して久留米大学へ。現職は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は一個人として行うものであるため、肩書きは「経済評論家」とする。

毎日、過去の損得を忘れるべし

 「1000円で買った株がA社の株が800円に値下がりしましたが、売るべきでしょうか?」といった質問を受けることがあります。筆者の回答は「今から新たに株を買うとして、A社の株を800円で買いますか?」です。1000円で買ったか否かは、意思決定の際に考慮してはいけません。

 1000円で買ったことを意識するから「損をしている。取り返さなければ」と考えるのです。それは上記の人間の癖を考えると、避けるべきことでしょう。

 筆者のオススメは、毎日朝一番で持っている株を全部売り、新しい気持ちで株式投資を行なうことです。そうすれば、損を抱えている株の損切りが難しくなることもありません。儲かっている株の利食いが早すぎることもありません。

 もちろん、実際にそれをやると手間も手数料もかかりますから、頭の中だけで行なうわけですが、過去の損益を忘れて新たな気持ちで毎朝の投資判断をしましょう、ということですね。


新着記事

»もっと見る