2023年1月31日(火)

前向きに読み解く経済の裏側

2019年3月4日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

経済評論家

1981年 東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の業務に従事。2005年 銀行を退職して久留米大学へ。現職は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は一個人として行うものであるため、肩書きは「経済評論家」とする。

自分が愚かな決断をした、と思いたくない

 損を避けたい、という気持ちの中には、「自分が愚かな決断をしたとは思いたくない」という気持ちも含まれるでしょう。「今、値下がりしている株を売ったら損が確定してしまう。つまり、自分が愚かな決断(誤った銘柄の選択等)をした事が確定してしまう。それは避けたい」というわけですね。

 「このまま売らなければ、株価が戻って損が避けられるかもしれない。そうなれば、自分の決断は愚かではなかったということになる。ぜひ、そうなって欲しい」というわけですね。

 実際、過去に大量の売買が行われた価格帯まで株価が戻ってくると、大量の売り物が出てくることがあります。その価格で買ったまま塩漬けされていた株が、買った値段まで戻って来たことで売りに出されるわけですね。「やれやれ売り」でホッと一息ついている投資家の顔が思い浮かぶようです。

 「株価が戻って良かったですね。でも、戻らなかったら損が膨らんでいたかもしれませんよ。次からは、ちゃんと損切りしましょうね」と言いたい気分ですが。


新着記事

»もっと見る