海野素央の Love Trumps Hate

2019年3月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

バイデンの課題

 仮にバイデン前副大統領が出馬を発表すれば、オバマ前大統領及びクリントン元国務長官の元スタッフが、バイデン陣営に入り、トランプ打倒の戦略を練るでしょう。

 しかし、バイデン前副大統領はある課題に直面します。バイデン氏は16年の大統領選挙において民主党から指名を受けたクリントン氏と同様、中道路線をとっています。

 当時、筆者は研究の一環としてクリントン陣営に参加していましたが、クリントン選対は熱狂的なバーニー支持者の若者から最後まで支持を得られませんでした。

 戸別訪問の際、クリントン選対ではボランティアの若者の人数が不足しており、標的となっている有権者をすべて回りきれず、地上戦で苦戦していました。

 バイデン前副大統領には、出馬に前向きなベト・オルーク前下院議員のようなミレニアム世代(1989~1995年生まれの世代)の若者に人気がある候補の助けが不可欠です。保守系のFOXニュースの司会者であるローラ・イングラハム氏が「民主党はバイデン大統領候補とオルーク副大統領候補のドリームチケット(夢の組み合わせ)を望んでいる」と揶揄したのは、バイデン氏の弱点を突いたからでしょう。

関連記事

新着記事

»もっと見る