Wedge REPORT

2019年5月1日

»著者プロフィール
閉じる

樫山幸夫 (かしやま・ゆきお)

元産經新聞論説委員長

元産經新聞論説委員長。政治部で中曽根首相番、竹下幹事長番、霞クラブ(外務省)詰め、ワシントン特派員、同支局長、外信部次長、編集局次長、正論調査室長兼論説委員、産経新聞社監査役を歴任。2度のワシントン勤務時代は、ホワイトハウス、国務省などを担当、米国の内政、外交など幅広く取材した。

令和に〝妖怪〟似合わず

 北方領土交渉において、旧ソ連時代からロシアがもっとも腐心してきたのは、日本の世論分断工作だった。国内の現状は、その目論見が成功した結果のように見えるが、実際は、日本国内の一部政治家、官僚らが自ら主張を変え、その影響が伝播したのであって、日本の〝自壊〟だった。自壊の愚かさに気づく時だろう。

 令和を迎えたことで、北方領土交渉は、昭和から数えて3代にわたることになる。平成の最後10数年は、「2島返還」という〝妖怪〟が徘徊、跳梁した時代だった。御代と政治は関係がないが、これを機会に気分一新、忘れていた原則、主張に立ち返ってほしい。

 令和に妖怪は似合わない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る