田部康喜のTV読本

2019年7月3日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

ギン  一番大切なことを見逃さないことにご注意なさいませ!

    一番大切なことは、あなたの笑顔です。不機嫌なままというのが一番不幸。

久美子 好きでこんな顔をしているわけじゃないんです。

ギン   わたしが魔法をかけてあげる!

 ドラマは、劇中劇のミュージカル仕立てのテンポのよい歌と踊りに転換する。

離婚を思いとどまらせようとはしない

 ギンの執事である中津川(竜)が運転する高級車で、久美子は高級ブティックでドレスを買い、ギンから高級レストランの招待状といわれて、夫の誠と食事に出かける。笑顔の久美子だったが、誠の会話はいつしかすれ違いとなっていく。

久美子 育児のマエストラのおかあさまとは、無理をして付き合ってきたの。育児は誠さんに手伝って欲しいの。

誠   手伝っているじゃないか。

久美子 都合のよいところだけ。一緒にいるのは無理なのかもしれない。

誠   別れた方がいいってことか……そうだな。

 久美子から、離婚することを聞いたギンがとった行動は、誠がひとりでいるマンションに、赤ちゃんの息子を抱えて乗り込むことだった。おむつの取り換えから、入浴、食事の準備、夜泣きした息子の世話をさせながら、久美子がいかに大変な日常を過ごしていたかを思い知らせた。

 久美子に対して、ギンは離婚を思いとどまらせようとはしない。「昔お母さんに抱きしめられたように、子どもを抱きしめればいいのよ」という。久美子の両親が離婚して、祖母に育てられたために、母を知らないことを告げると、ギンは久美子の後ろから手を回して抱きしめてあげるのだった。このようにすればいいのだ、というように。

 誠が久美子を追いかけてきて、「別れないでくれ」という。久美子は「妊娠したから、しかたなく結婚したんでしょ」と突き放す。「そうじゃないんだ」と誠は述懐する。ふたりが知り合ったばかりの職場の花見のシーン。久美子は、祖母から教わった、梅干し入りのおにぎりと、ぬか漬けを持ってきていた。

誠  あのおにぎりとぬか漬けを食べて、久美子となら暖かい家庭が築けると思ったんだよ。

 子育て中の夫婦にも、遠い子育ての記憶が蘇るシニアの世代にも、楽しめるドラマである。

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る