旬・美・遊

2019年11月21日

»著者プロフィール
ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵
ブダペスト—ヨーロッパとハンガリーの美術400年
   <開催日>       2019年12月4日~2020年3月16日
 <開催場所>    東京都港区・国立新美術館 企画展示室1E(東京メトロ千代田線乃木坂駅下車) 
   問い合わせ ☎03-5777-8600(ハローダイヤル)
   URL:https://www.nact.jp/
   URL:https://budapest.exhn.jp/
シニェイ・メルシェ・パール
《紫のドレスの婦人》1874年、
油彩/カンヴァス、ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー
ⒸMuseum of Fine Arts, Budapest-Hungarian National Gallery, 2019

 日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念した展覧会。”ドナウの真珠”と称えられるハンガリーの首都ブダペストにある同国最大の美術館「ブダペスト国立西洋美術館」と「ハンガリー・ナショナル・ギャラリー」、2つの美術館が所蔵するコレクションがまとまった形で来日するのは25年ぶり。本展では、ルネサンス期から20世紀初頭まで約400年にわたる西洋美術史を彩った絵画、素描、彫刻の名品130点を展示。クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルノワール、モネなど巨匠たちの作品に加えて、今日ハンガリーで最も愛されている名画《紫のドレスの婦人》を描いたシニェイ・メルシェ・パールなど、ハンガリー近代美術を代表する画家の作品35点も鑑賞できる。

 日本では目にすることの少ないハンガリーの名作と出会い、その表現の豊かさ、素晴らしさを発見する機会となるはずだ。

*情報は2019年10月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2019年12月号より

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事

新着記事

»もっと見る