2024年6月14日(金)

From LA

2019年11月23日

「ある意味で中国は欧米よりも自由な社会だ」?

 リアン氏は米国への進出を現時点では五分五分、と答えている。そもそも中国がEVでは世界最大の市場であり、まずはその市場でシェアを獲得するのが最優先課題であること。そしてリアン氏は「ある意味で中国は欧米よりも自由な社会だ」と語る。

 中国の自動車メーカーが過去何度も米国進出を図り、目的を果たせていないが、その理由のひとつが欧米社会の規制水準の高さにある。中国では問題とならない部分が欧米での発売を目指す中でネックとなる。規制水準の低い中国は、企業にとっては製品の自由度が高く、体制の内側にいる限りは魅力的な市場でもある、という。

 確かに中国のなんでもあり、という姿勢が時にイノベーションを生んできたことも事実だ。では閉じられた社会だけで完結すればそれで良いのか、という問題はあるが、良い製品を生み出せばNOMIのように欧米社会の注目を浴びることもあり、そこから世界に認められる可能性は十分にある。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る