2024年3月1日(金)

Wedge REPORT

2019年12月26日

地元事業者はアウェーサポーター獲得へ

 こうした住民が支えで力を付けてきたクラブを、地元事業者は「アウェーサポーターの獲得」という形で活用している。ホームタウンである松本市の松本観光コンベンションは2019年シーズンに、アウェーサポーターへ松本城の無料観覧券をマッチデイプログラムとともに配布。試合当日から2日間の有効期限で使え、試合後の市内周遊を図った。

 4月~8月の11試合に1万2500枚を配布したところ、1315人が松本城に来場した。加藤孝総務課長は「通常のダイレクトメール(DM)では3~5%の効果の中、1割以上の効果を出している。試合のついでに来てもらっているという手ごたえを感じている」と話す。

キャンペーン協力店舗は店頭にポスターを貼り、アウェーサポーター〝獲得〟を進める

 松本商工会議所は、シーズン中に「アウェイサポーターおもてなしキャンペーン」を実施。アウェーのグッズを身に付ければ、地元商店街の飲食店やショップでそれぞれのサービスを受けられる。市内の菓子店「翁堂」では、サブレをプレゼントしている。浦和レッズや川﨑フロンターレ、セレッソ大阪と、さまざまなクラブのサポーターが足を運んでいる。木内基裕社長は「みな松本山雅が好きで、松本の街も気に入った、と言ってくれている。実際にリピーターとして繰り返し足を運んでくれている人もいる。地方都市は観光客が来てなんぼの街。松本山雅を通じて地域の魅力を伝えていきたい」と語る。

 ただ、松本山雅は地域に根差し営業黒字を続けているものの、収入額はJ1では低かった。「人が集まって強くなるというのを実現させてきたが、ここからはビジネス目線を取り入れ収益を戦力強化へまわしていく仕組みを作らなければならない」と神田社長は課題を指摘する。さらなる飛躍に向けた挑戦が再び始まる。

現在発売中のWedge1月号では、以下の特集を組んでいます。全国の書店や駅売店、アマゾンなどでお買い求めいただけます。
■スポーツで街おこし  プロ化だけが解じゃない
Part 1  独特の進化を遂げる日本のスポーツに期待される新たな役割
Part 2      INTERVIEW 川淵三郎氏(元日本サッカー協会会長)
     プロリーグ化に必要な4本柱 地域密着がクラブ経営の大前提
Part 3      先進事例に学ぶ 「おらが街のチーム」の作り方
Part 4      INTERVIEW 池田純氏(横浜DeNAベイスターズ初代球団社長)
     スポーツで地域活性化 成否を分けるカギとは?
Part 5  岐路に立つ実業団チーム 存続のカギは地域との連携
Part 6  侮れないeスポーツの集客力 街の賑わい作りに貢献

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2020年1月号より


新着記事

»もっと見る