Wedge REPORT

2020年1月21日

»著者プロフィール
閉じる

出井康博 (いでい・やすひろ)

ジャーナリスト

1965年、岡山県に生まれる。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒業。英字紙「ニッケイ・ウイークリー」記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)客員研究員を経て、フリー。著書には、『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)、『ルポ ニッポン絶望工場』(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)などがある。

いきなり退職届を提出

 会社側は、休職して体調の回復に努めるよう勧めた。だが、ハイ君は応じず、いきなり退職届を提出してしまった。

 「もっと我慢すべきだったのかもしれません。でも、先の見えない生活が不安だったんです」

 胃潰瘍を発症した彼は、診察を理由にベトナムへと一時帰国した。久しぶりに家族や友人と過ごし、日本では得られない充実感を味わったという。

 「ベトナムには残業する人などほとんどいません。仕事を終えたら、友人や家族と楽しく食事をする。そんなベトナムの生活が僕には合っています。給料が安くたって、日本にいるよりは幸せなんです」

 現地の日系企業からは、仕事のオファーも届いている。提示された給与は月10万円程度だが、ベトナムの水準では悪くない。

 日本で再就職するか、母国へ戻るのかーー。ハイ君に決断の日が迫っている。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る