旬・美・遊

2020年3月23日

»著者プロフィール
 大修理落慶法要 ―― 2020年4月22日~26日
 大修理落慶慶賛法要 ―― 2020年5月1日~10日
 *新型コロナウィルスの感染拡大防止のため延期となりました。日程が決まり次第、
  あらためて薬師寺より発表があります。

   <場所>      奈良県奈良市・薬師寺(近鉄橿原線西ノ京駅下車)
   問い合わせ ☎ 0742-33-6001
  URL:http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/02tera/01north_area/yakushiji/event/x149hlx4gc/
裳階を備える優美な姿が蘇った東塔

 今から約1300年前の奈良時代に創建された薬師寺。度重なる天災人災によって数多くの建物を失ったが、唯一現存する創建当時の建築物が国宝の東塔だ。

 6つの屋根を備える東塔は、下から1、3、5番目の屋根が裳階(もこし)(飾りと風除けのための小さな屋根)で、内部は3層が重なった高さ約34メートルの三重塔。屋根の大小が織りなす律動的な姿が多くの人を魅了してきたが、耐震化などを目的に2009年より約110年ぶりの解体修理を開始。この春、約10年にわたる修理を終えた。 

 4月22日〜26日に落慶法要、5月1日〜10日に一般向けの落慶慶賛法要が営まれ、落慶慶賛法要期間中は太鼓や朗誦(ろうしょう)、ミュージカル、吹奏楽、伎楽、神楽やオペラなど、さまざまな奉納演奏を予定している。また、5月1日〜2021年1月17日までは、東塔初層内陣が一般公開されるので、貴重な機会をお見逃しなく。
 *情報は2020年3月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2020年4月号より

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

関連記事

新着記事

»もっと見る