海野素央の Love Trumps Hate

2020年3月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

サンダース陣営との融合は可能か?

 確かに、バイデン候補は党内の融合を着実に進めています。しかし、本選に向けて党内よりもサンダース陣営との融合が、トランプ打倒の鍵を握ります。16年米大統領選挙でヒラリー・クリントン候補は、サンダース候補の熱狂的な若者をクリントン陣営に巻き込み、彼らを投票所に動員できませんでした。

党員集会で働くサンダース陣営のボランティアたち(筆者撮影@西部ネバダ州ラスベガス)

 サウスカロライナ州コロンビアでサンダース支持者のマットさんと戸別訪問を実施したとき、その理由が分かりました。

 「4年前、ヒラリーが民主党予備選挙で勝つと、彼女の支持者たちはバーニーの支持者を見下したのです。自分たちが勝者だから、ヒラリーに投票しろという態度をとりました」

 要するに、クリントン陣営はサンダース支持者に対して敬意を示さなかったわけです。

 マットさんのこの話を聞いて、筆者は08年民主党予備選挙におけるオバマ陣営のクリントン支持者に対する対応を思い出しました。同予備選挙では大接戦の末、オバマ候補がクリントン候補を破りました。

 当時、筆者は研究の一環としてバージニア州フォールスチャーチにあったオバマ選対に入っていました。オバマ陣営のスタッフが、「クリントン支持者の意見に耳を傾けてください」と繰り返し述べていたのを、明確に覚えています。オバマ陣営はクリントン陣営との融合を望んでいたからです。

 仮にバイデン候補が民主党大統領候補に選ばれた場合、同陣営はサンダース支持者に対して敬意を示すことが不可欠です。

 加えて、副大統領候補の指名もサンダース陣営との融合に、極めて重要なファクターになります。というのは、4年前の大統領選挙でクリントン候補は、副大統領候補に同じ中道・穏健派のティム・ケイン上院議員(南部バージニア州)を指名したからです。この指名でクリントン陣営は、少なくとも2つのミスを犯しました。

 まず、前回の大統領選挙はバージニア州ではなく、中西部のミシガン州、ウィスコンシン州及び東部ペンシルべニア州が勝敗を決定づけたからです。クリントン陣営は最重点州の読みが外れました。

 次に、クリントン候補と同じ中道・穏健派のケイン氏の指名は、左派のサンダース支持者を疎外することになりました。これはクリントン陣営にとって致命的でした。

 従って、仮にバイデン候補が民主党大統領候補に指名された場合、サンダース支持者がある程度納得する候補を選択する必要があります。

 バイデン陣営とダンダース陣営は「異文化」です。しかし、バイデン候補は異文化融合を実現できない限り、トランプ大統領の労働者、退役軍人、キリスト教右派及び白人至上主義者から構成された白人中心の「単一文化連合軍」には太刀打ちできないでしょう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る