2023年1月28日(土)

海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2020年3月28日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

トランプのアドバンテージ

 とはいうものの、11月の大統領選挙で再選を狙うトランプ大統領は、民主党大統領候補が濃厚になったジョー・バイデン候補に対してアドバンテージを保っています。

 トランプ大統領は自らスポークスマンになって、ホワイトハウスで記者会見を連日開き、新型コロナウイルスと戦っているリーダーを演出しています。保守系のFOXニュースによるバーチャル・タウンホールミーティング(遠隔対話集会)にも参加し、有権者とコミュニケーションを図りました。

 2016年米大統領選挙でクリントン陣営の選対本部長であったロビー・ムーク氏は、ラジオ局とのインタビューの中で「トランプ大統領にメディアを支配されたこと」を、敗因の第1に挙げました。トランプ大統領がヒラリー・クリントン候補よりも多くの映像を通じて有権者に訴え、存在感を示したという意味です。

 おそらくトランプ大統領の次にメディアが取り上げる人物は、新型コロナウイルス感染拡大のホットスポットになっている東部ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事(民主党)でしょう。

 一方バイデン候補は、東部デラウエア州ウィルミントンの自宅からインターネットを通じて有権者にメッセージを発信しています。

 しかしトランプ・クオモ両氏と比較すると、バイデン候補は明らかにメディアへの露出度で後れを取っていると言わざるを得ません。映像から姿が消え、存在感を示すことができないのです。これこそが、バイデン氏の本当の危機的状況です。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る