補講 北朝鮮入門

2020年4月25日

»著者プロフィール
閉じる

礒﨑敦仁 (いそざき・あつひと)

慶應義塾大学准教授

1975年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部中退。在学中、上海師範大学で中国語を学ぶ。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、ソウル大学大学院博士課程に留学。在中国日本国大使館専門調査員、外務省専門分析員、警察大学校専門講師、東京大学非常勤講師、ジョージワシントン大学客員研究員、ウッドロウ・ウィルソンセンター客員研究員を歴任。慶應義塾大学専任講師を経て2015年から現職。共編に『北朝鮮と人間の安全保障』(慶應義塾大学出版会、2009年)など。

[執筆記事]
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

 こうした状況から、金正恩委員長が主宰した党政治局会議のあった11日から14日もしくは15日までの間に、なんらかの異変があった可能性が考えられる。ただ、それが何だったのかは分からないし、健康上の問題だったとしても金正恩委員長の体調は「電報の発出」に関する決裁をできる程度なのではないかということになる。新型コロナウイルスの感染拡大が感知されるなどしたため、急きょ「ステイホーム」態勢に入った可能性すら排除できない。

 あるいは先代指導者への敬い方を変えたのかもしれない。金正恩委員長は、昨年元日の「新年の辞」で、「金日成」や「金正日」に初めて一言も触れなかった。2017年の「新年の辞」では先代の政策路線を踏襲するという意味の「遺訓」、2018年には金正日時代を象徴した「先軍」という言葉がそれぞれ消えた。明らかな「親離れ」現象である。政権を担って9年目となる金正恩委員長には、完全に独り立ちしたとの思いも強かろう。宮殿への参拝を減らそうと考えた可能性も考えられないわけではないが、今年2月の金正日誕生日の際には党政治局メンバーとともに参拝していた。頭の体操としては捨てがたいのだが、可能性のひとつに過ぎない。

「重篤説」の否定もしない北朝鮮

 CNN報道に先立つ18日にはトランプ大統領が、金正恩委員長から「素敵な手紙を受け取った」と語った。3月下旬にトランプ大統領が金正恩委員長に送った親書で新型コロナウイルス問題での協力を申し出ていたことから、その返信と受け止められた。

 しかし、その翌日には北朝鮮外務省報道局対外報道室長が「最近われわれの最高指導部は、米国大統領にいかなる手紙も送ったことがない。われわれは、事実無根の内容をメディアに流している米国指導部の狙いを集中的に分析してみる計画だ」という短文の談話を出した。「素敵な手紙」の否定である。

 対外報道室というのは初めて公にされた部署であるが、今回の「重篤説」が完全な誤りであれば、「最高尊厳に対する冒涜」であると迅速に否定することも考えられたが、23日現在まだ何の反応もない。

 結局、金正恩の健康状態に何らかの異変が生じた可能性は否定できないものの、「重篤」かどうかは全く分からない。われわれは、CNN報道を否定する材料も持ち合わせていない、ということである。何が起きたのかについては、今後の検証が必要になりそうだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る