海野素央の Love Trumps Hate

2020年4月29日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

神話化する「星条旗のもとに団結する米国」

 米国民は戦時下では、「星条旗のもとに団結する」と言われてきました。トランプ大統領はコロナとの戦いで自分を「戦時下の大統領」として描き、「上陸したコロナ」など国民の戦闘意欲を高める言葉を用います。

 しかし、トランプ大統領の狙い通りには支持率が上がりません。危機的状況における米大統領の支持率をみてみましょう。

 米ギャラップ社の世論調査(01年9月14-15日実施)によれば、米国が同年9月11日に同時多発テロに直面したとき、ジョージ・W・ブッシュ元大統領の支持率は86%でした。同調査(同月21-22日実施)ではブッシュ氏の支持率は90%に達しています。

 一方、米政治専門サイトのリアル・クリア・ポリティックスをみると、各世論調査におけるトランプ大統領の平均支持率(20年4月1-23日)は45.8%で、50%以下です。米国社会の分断を深化させて大統領の座を得たトランプ氏に今、そのツケが回ってきています。「星条旗のもとに団結する米国」は神話化しました。これではトランプ氏はコロナを相手に勝機を見出すことはできないでしょう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る