2022年8月18日(木)

Washington Files

2020年8月31日

»著者プロフィール
著者
閉じる

斎藤 彰 (さいとう・あきら)

ジャーナリスト、元読売新聞アメリカ総局長

1966年早稲田大学卒業。68年米カリフォルニア州立大学バークレー校大学院修士課程修了、70年読売新聞入社。ワシントン常駐特派員を2度務めた後、アメリカ総局長、東京本社取締役調査研究本部長などを歴任。著書に『中国VSアメリカ』『アメリカはカムバックする!』(いずれもウェッジ)がある。

5.「無効」判定の郵便投票増加による勝敗の逆転

 例年の選挙でも有権者が投かんした投票用紙の記入内容について、支持候補者名記入欄へのチェックマークの不備および記入取り消し、署名忘れ、本人以外による記入疑惑などにより「無効扱い」とされるケースは少なくなかった。党派別では民主党支持者の無効扱い票数が共和党を上回ってきた。

 今回大統領選への関心は極めて高く、郵便投票数も記録的に増加、その結果、バイデン支持票が多数となり、いったんはバイデン氏が「勝利宣言」した。

 しかし、トランプ陣営の要求で一部接戦州における郵便投票の「読み直し」作業となり、

バイデン票の中から多くの記入ミスなどによる「無効票」が見つかり、トランプ勝利へと

逆転する。

 今のところ、上記のようなシナリオについて、両陣営は公式論評を控える一方、各州選挙員会では、混乱回避のため、選挙日当日に必要なボランティア要員の確保、投票所投票マシンの整備・点検などに万全を期すべく懸命の作業が続けられている。

 なお、2000年大統領選でも大接戦による混乱があった。民主党アル・ゴア氏、共和党ジョージ・W・ブッシュ氏両候補の対決による投票は11月7日に行われた。しかし、50州中最後に勝敗の決め手となるフロリダ州(選挙人25人)における手作業、機械による開票が遅れ、得票数差も数百票と僅差だったため、票の「読み直し」、両陣営による訴訟騒ぎとなり、結局、最終的にブッシュ氏当選が確定したのは、連邦最高裁での裁定が出された36日後の12月12日になってからだった。

 これに対し、月刊誌「ニューヨーカー」など多くの米有力メディアは、今回選挙では、軍隊出動、数百万人規模の大規模決起集会の可能性なども含め、前回とは比較にならない「惨事disaster」が十分ありうるとして、異常なほどの関心を示し始めている。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る