海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2021年5月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

「カルト化」する共和党

 デント氏等は、「共和党議員は最後の望みをかけて全国で投票権の邪魔に出た」とも述べました。南部ジョージア州を含めた共和党が強い州議会では「投票抑制法」が成立しました(詳細は『バイデンの対中国戦略と日米首脳会談』参照)。その意図は、民主党支持のマイノリティ(少数派)票の削減にあるとみられています。

 さらに、共和党に変わる組織設立の運動を「深刻な欠陥のある(2度弾劾された)男に取りつかれた共和党の個人崇拝から決別する政治運動」と、デント氏等は説明しました。共和党の「トランプ氏崇拝」を批判した訳です。

 5人のメンバーの1人であるウィットマン元知事は米公共ラジオ(NPR)とのインタビューで、「共和党では政策や民主主義の原則よりも、トランプに対する忠誠心が重視され、彼に逆らうと除外される」と語りました。そのうえで、「これは党ではない。カルト集団だ」と断言したのです。

 トランプ弾劾決議に賛成票を投じた10人の共和党下院議員のうちの1人であるアダム・キンジンガー下院議員(中西部イリノイ州)は、同党と北朝鮮が類似しているという見解を示しました。トランプ氏と金正恩総書記に対する個人崇拝や、忠誠心が政策よりも重要である点で共通しているからでしょう。

 『トランプに賭ける共和党のリスク』で紹介しましたが、チェイニー下院議員は5月6日、ワシントン・ポスト紙(電子版)に投稿し、「共和党はトランプ氏に対する個人崇拝を避ける必要がある」と主張しました。ウィットマン元知事やキンジンガー下院議員と同様、チェイニー氏も共和党が「カルト化」していると捉えています。

関連記事

新着記事

»もっと見る