2023年1月31日(火)

チャイナ・ウォッチャーの視点

2013年1月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

城山英巳 (しろやま・ひでみ)

北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授

慶應義塾大学文学部卒業後、時事通信社に入社。計10年の北京特派員を経て2020年から現職。ボーン・上田記念国際記者賞受賞。早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了、博士(社会科学)。著書に『天安門ファイル』(中央公論新社)、『マオとミカド』(白水社)など多数。

 この1時間7分後の午後10時27分、南方週末の現役の編集委員・記者計96人が再び「反旗」を翻す。「(改ざん否定は)真相ではない。南方週末の微博アカウントが強引に取り上げられた」と実名入りで怒りの声を上げた。

 実は、南方週末が微博で流した声明には伏線があった。2分前の午後9時18分、同紙の微博責任者が、個人の微博で「(南方週末上層部に)微博のアカウントとパスワードを上納した。このアカウントで発表された声明に私はいかなる責任も負えない」とつぶやいた。この責任者はこれに先立ち、南方週末上層部から微博のアカウントとパスワードをよこすよう要求されており、抵抗したが、上層部は、宣伝部の意を受けた声明を発表するため、権威ある南方週末微博を乗っ取ったのだった。

「南方が負ければ中国も負ける」

 しかしその行為がさらに、抗議運動の拡大を引き起こした。南方週末記者を支持する改革派学者、記者、弁護士、網民(ネット利用者)は署名活動を展開し、その輪は拡大した。知識人たちは「南方が進めば中国も進む。南方が負ければ中国も負ける」「南方週末の死は中国の死を意味する」と指摘し、南方週末への支援は中国の将来に関わることだと考えていた。

 南方週末本社の前には、数百人の若者が「言論の自由」などを求めて集結し、南方週末の論調に反対する保守的な毛沢東主義者といがみ合う展開になった。南方週末事件をめぐり社会が二分したのだ。

 一方の共産党宣伝部は「民主派」の拡大を危惧した。北京の著名な人権活動家・胡佳氏は「彼ら(共産党)は1989年の天安門事件に発展した民主化運動の状況に変わるのを非常に恐れたのだ」と解説する。

 89年の天安門広場は、今、4億人以上が使用する微博に変わり、そこでの団結はデモに匹敵する力を持っていることはよく指摘される。そして微博での南方週末に関する言論を徹底的に監視した。南方週末を支持するつぶやきが書き込まれ、転送されると即座に削除した。南方週末の記者や、声援を送る他社の記者や知識人がつぶやけないよう「禁言」措置を講じた。

「海外の敵対勢力が介入している」

 著名な女性作家・章詒和氏は自身の微博に「われわれは削除と転送の戦い、彼らは生と死の戦い。どちらにも血と涙がある」と書き込んだ。

編集部おすすめの関連記事

新着記事

»もっと見る