2022年12月3日(土)

Wedge SPECIAL REPORT

2022年4月24日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小山 堅 (こやま・けん)

日本エネルギー経済研究所 常務理事・首席研究員

1986年早大大学院経済学研究科修士、エネルギー経済研究所入所。英国ダンディー大学博士課程修了(PhD取得)。2020年より専務理事。研究分野は国際石油・エネルギー情勢、エネルギー安全保障問題。

危機前から起きていた需給の逼迫と特定供給源への依存

 もう一つの共通点として、第一次石油危機とウクライナ危機では、危機の前から国際エネルギー需給が逼迫しエネルギー価格が高騰していたこと、消費国がエネルギー輸入依存と特定供給源への依存(第一次石油危機の場合は中東依存)にあったことがある。

 第一次石油危機が契機となって、先進国はエネルギー安全保障政策を強力に推進し始めた。それと同様、今回のウクライナ危機で、主要消費国において再びエネルギー安全保障政策強化が最重要課題となっている。

 特に、ロシア依存度が高く、万一の供給支障・途絶発生の際の打撃が大きくなる欧州で、これまでにない強力なエネルギー安全保障対策が実施されようとしている。欧州連合(EU)は……

◇◆◇ この続きを読む(有料) ◇◆◇

◇◆◇ 特集の購入はこちら(有料) ◇◆

 
 
 
 

  
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2022年5月号より
プーチンによる戦争に 世界は決して屈しない
プーチンによる戦争に 世界は決して屈しない

ロシアのウクライナ侵攻は長期戦の様相を呈し始め、ロシア軍による市民の虐殺も明らかになった。日本を含めた世界はロシアとの対峙を覚悟し、経済制裁をいっそう強めつつある。

もはや「戦前」には戻れない。安全保障、エネルギー、経済……不可逆の変化と向き合わねばならない。これ以上、戦火を広げないために、世界は、そして日本は何をすべきなのか。

新着記事

»もっと見る