2024年6月19日(水)

近現代史ブックレビュー

2023年11月18日

真相不明の義烈団に迫る

 関東大震災が起きると、朝鮮総督府や内務省などは義烈団の動きを警戒した。韓国の義烈団研究では、震災前、秋に予定されていた皇太子の結婚式あたりの暗殺・破壊計画を目論んでいた可能性があるとしている。震災時の朝鮮人に関する新聞記事には、秋の皇太子の結婚式の際の陰謀を企てていたが、震災発生により計画を変更し、事を起こそうとしたというものもある。

 しかし、震災時に義烈団が破壊活動を行った確たる証拠はない。また、朝鮮人による組織的犯罪行為の確認はできない。こうした噂や証言は震災前の義烈団に対するイメージから生み出されたものか、あるいは潜伏した義烈団員の中に拘束・尋問を受けてそのように話した者がいたのか真相は分からない。

 いずれにせよ、暗殺・破壊活動による朝鮮独立を目指していた義烈団にとって、大震災はまたとない機会であったはずで、実効性のある計画を立てていたのであればそれを前倒しにすることもできたであろうが、それはなかったとみられるのである。

 翌24年1月、団員の金祉燮が拳銃などを所持し上海から入国、皇居二重橋付近で爆弾3発を投げつける二重橋爆弾事件を起こしているように義烈団の活動はその後も続いた。

 しかし、3月に団員・尹滋英らが離脱して青年同盟を作り、暗殺・破壊活動のみによる独立運動への批判が始まる。団員は命賭けで任務を遂行しているのに、功績は全て「安全地帯に身を隠して高みの見物」をしている金元鳳のものになっているというのである。これに義烈団も反駁、暴力を伴う双方の応酬が続くが、結局、義烈団は暗殺・破壊活動路線を変更することになる。

 以上、多くの原資料にあたり、不分明だった義烈団の実態を初めて明らかにした功績は極めて大きく、さらに現代韓国の研究状況を的確に検討した点も高く評価される。現代韓国の研究にも刺激を与えるであろうし、異論・批判も待たれるが、今後の研究のマイルストーンとなる書物の刊行をまず何よりも喜びたい。

『Wedge』2021年9月号から23年8月号にかけて掲載された連載『1918⇌20XX 歴史は繰り返す』が「Wedge Online Premium」として、電子書籍化しました。アマゾン楽天ブックスhontoなどでご購読いただくことができます。

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2023年12月号より
海事産業は日本の生命線 「Sea Power」を 国家戦略に
海事産業は日本の生命線 「Sea Power」を 国家戦略に

船を造り(造船)、船を動かし(海運)、貨物を出し入れする(港)─。海に囲まれた日本は、これら3つを合わせた「海事産業」がないと成り立たない。だが、足元の状況は厳しい。人手不足や高齢化など、他産業よりも深刻な危機に直面しているからだ。海事産業の現場を歩き、課題解決に向けた取り組みについて取材した。


新着記事

»もっと見る