Wedge REPORT

2015年1月16日

»著者プロフィール

 海外への情報発信強化を図るために開設された首相官邸のフェイスブック(FB)英語版ページ。安倍政権発足後の2013年1月に現在の形態になって海外に読者数を伸ばしているが、開設当初から異変が続いている。意見を書き記すコメント欄では、「荒らし行為」が横行。広報された情報とはまったく関係のない不適切なメッセージや支離滅裂な語句が書き込まれ、事実上、放置されたままとなっている。その中核となっているのが、日本のイルカ漁や捕鯨を批判する、病的とも思えるユーザーたち。過激団体シー・シェパード(SS)のメンバーやその熱烈な支持者たちが、「首相官邸」を炎上に導いている。

荒らし行為が目立つ首相官邸のフェイスブック英語版ページ
https://www.facebook.com/Japan.PMO?fref=ts

パリテロ事件への哀悼の意に
大量のイルカ漁、捕鯨批判コメント

 世界を震撼させたフランス紙「シャルリー・エブド」本社銃撃事件。1月9日、首相官邸は、フェイスブック上で「言論の自由、報道の自由を妨げる暴力行為はいかなる場合でも容認できない」とする安倍総理の公式声明を発表し、遺族に対して哀悼の意を示した。

 しかし、コメント欄では最初から、このテロ事件とはまったく関係のない日本への「攻撃メッセージ」で占められた。

 2番目に投じた「Heal Yourself Mind body and spirit」という名のユーザーの英語メッセージには、「Charlie Hebdo」(シャルリー・エブド)の文字も、ましてや、Franceもterroristの文字も出てこない。のっけから「日本では年間2万頭のクジラやイルカの大量殺りくが行われている」と日本批判で始まる。

テロ事件とは関係のない、捕鯨やイルカ漁に対する長文のコメント
拡大画像表示

関連記事

新着記事

»もっと見る