世界の記述

2015年5月13日

»著者プロフィール

 ハワイの地産ビールを含む、世界中のクラフトビール300種を集めたクラフトビール専門のパブ『リアル・ア・ガストロ・パブ(REAL a gastropub)』のマネージャー、スコット氏は、ハワイで突然爆発したクラフトビールブームについて、「米本土に多くのブリュワリーが生まれた後、ハワイへの観光客や移住した人々がクラフトビールを欲したことから、この需要が生まれたのではないかと思います」と語る。

 「クラフトビールは何よりユニークで、できたての場合も多くフレッシュ。大手のビールがあまり好きではないという場合でも、クラフトビールを飲むとその美味しさにびっくりする人がたくさんいますよ」。

 ちなみに、そんな典型的“ビール嫌い“だった筆者も、クラフトビールを飲んだら素直に「美味しい」と感じた。さまざまな濃度やフレーバーがあるので、いろいろ試飲して自分の好きな味を見つけるのも楽しい。

 次回のハワイでは、こんなブリュワリーに足を向け、地元住民とともに個性派ビールの数々を堪能してみてはいかがだろうか?

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2015年5月号より

関連記事

新着記事

»もっと見る