定年バックパッカー海外放浪記

2016年5月22日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

韓国女子と朝食の後で、左は理学療法士、右はナノ物質専攻物理学博士

 真昼間から重い話題になってしまったがエレンの知的な横顔を見ながら話を聞いていたら退屈しなかった。1時間半待ってやっと迎えの車が来てシーパンドンに向かった。

 翌日、シーパンドンの安宿が並んでいる小道を歩いているとコテージのバルコニーでエレンがドレッドヘアの遊び人風ラテン系男子と抱き合ってメコン川を眺めているところに遭遇。前の晩、二人で歩いていたのを見かけたので、二人が意気投合して一緒のコテージに泊まったのだろうと察した。私がバルコニーに向かって手を振るとエレンが明るく大きな声で「タカ、調子どう? 元気?」と満面の笑顔で応じた。

チャムパサック、怪しげなフランスの“ゲイジュツカ”

 12月6日。夕暮れ時にメコン川を見下ろす眺望の良いレストランにゆきビールを飲みながら夕陽を眺める。一人で飲んでいるとフランスの崩れた感じの青年が一緒に飲みだした。彼は刺青の彫物師だという。だらしなくビールを飲みながらマリファナを喫煙しているらしく、ろれつの廻らぬ下手な英語で「刺青は芸術だぜ。可愛い女の子の無垢な肌に自分の芸術を描いていると興奮するぜ」などと下卑た言葉で私の静謐な“ビール・タイム”を邪魔する。

 相手にしないでいると「浮世絵と刺青はジャパン・アートの神髄だ。同一のテクニックで描かれた芸術だ。浮世絵は過去の芸術だが刺青は日本のヤクザが伝統を受け継いでいる」とユニークな芸術論を展開する。「おい、この偉大な芸術家を知っているか。彼は現代日本を代表する彫物師の三代目○○○だ。彼の代表的な作品が載っているこの本が俺のバイブルだ」とフランス語の刺青のグラビア雑誌を私に見せる。

 欧州や東南アジアのビーチリゾートに行くとかならずTattoo Shopが数軒あってかなり繁盛している。ショップには必ず見本帳やアルバムが置いてあり欧米の若者が熱心に見入っている。文化的な背景は知らないが、とにかく欧米系若者は男女を問わず≪ブロンズ肌と刺青とピアス≫を三種の神器として“カッコイイ”と信仰している。この3点セットでビーチを闊歩していると異性にもてるという方程式があるようだ。

関連記事

新着記事

»もっと見る