メイドインニッポン漫遊録 「ひととき」より

2016年5月4日

»著者プロフィール
閉じる

いであつし (いで・あつし)

コラムニスト

1961年、静岡県生まれ。コピーライター、「ポパイ」編集部を経て、コラムニストに。共著に『“ナウ”のトリセツ いであつし&綿谷画伯の勝手な流行事典 長い?短い?“イマどき”の賞味期限』(世界文化社)など。
 

 いやはや正直なことを言うと、絵に描いたような、のどかな田舎の駅前風景の府中駅。鎌倉さんが出迎えてくれて、スピングルカンパニーの社屋の前にどぉんと建てられた巨大なスニーカーのオブジェを見るまでは、失礼ながら「本当にここでスピングルムーヴのスニーカーが作られているの?」と、いささか不安になってしまったのは確かであります。

スピングルカンパニーの社屋。左には販売店も

 スピングルムーヴの工場は、道路を挟んで社屋のすぐ目の前にある。最新ファクトリーといった感じはしなくて、TVドラマや映画に出てくるような昭和の町工場のあの雰囲気そのものだ。世界がうらやむジャパンクオリティー。そんなイメージが、この気取りのない庶民的な町工場の佇まいと、すぐには結びつかない。

 ちょうどワレワレがオジャマした時間は下校時刻と重なり、近所の小学生たちが歩いていた。実はスピングルカンパニーの親会社であるニチマンは創業八十四年になる老舗のゴム総合メーカーで、元々学校の上履きやゴム長靴を製作していた。しかしある時期、海外の安価な輸入製品や平成不況のあおりを受けて工場閉鎖の危機に陥ったのである。

スピングルムーヴの工場

 

関連記事

新着記事

»もっと見る