海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年4月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

文化的多様性VS.単一性

ニューヨーク州で配布したクリントン陣営のパンフレット。アフリカ系の女性の若者を標的にしている(筆者撮影)

○クリントン支持者

 ・「私はヒラリーに投票してきました。ヒラリーは異人種間の関係を重視しています」

 ・「ニューヨークは異人種の街です。トランプはニューヨークに住んでいるのに、アングロサクソンを重視しています。彼はメキシコ系を標的にしているのです。メキシコ系は標的にしやすいからです。私の職場には、ヨーロッパ系の不法移民がいます。彼らは白人です。トランプは白人を標的にしないのです」

○トランプ支持者

 ・「トランプは不法移民のみに反対している。合法の移民には反対していないぞ。私の子供は教育費を払い、学資ローンの返済をしている。不法移民の子供が無料で教育を受けるのは、不公平だ。アメリカとメキシコの国境に壁を作る提案にもちろん賛成だ」

 トランプ支持者は、トランプ候補にアイデンティティーを持っており、筆者がクリントン支持者だと分かると怒りながら、まるで同候補のように主張するのです。クリントン候補は、ニューヨーク州予備選挙投票日前日にニューヨーク市マンハッタン区で集会を開き、「私は移民に誇りを持っている」と述べ、ニューヨークの価値観である文化的多様性と包含を強調しています。

関連記事

新着記事

»もっと見る