チャイナ・ウォッチャーの視点

2016年5月11日

»著者プロフィール

シンガポール、香港の投資家が売り逃げた?

 さて、今回私は複数の不動産仲介業者や最近不動産を買った友人と話をしていて面白い点に気がついた。どうも今回の相場で売り手に回っていたのは、香港、台湾、シンガポールなどの華人投資家と、その他の外国人投資家が多かったということ。私の友人である上海で工場を経営する奥様が中国人のフランス人ファミリーも5、6軒の不動産を所有していたが、昨年から今年にかけて全て売却し、今は豪華な賃貸マンションに住んでいる。

 これには、最近世界で言われている中国経済のハードランディング懸念も影響されているようで、ここが売り時と感じた投資家が一気に売りに出た模様だ。その背景には、これまで多くの不動産投資をしてきた香港財閥の李嘉誠が中国不動産のポジションをほぼ売却し終わったという話や、ジョージ・ソロスが今年1月に語った中国経済のハードランディング懸念が根拠になっている模様である。

 前者が売却した原因は、中国の先行きに対する懸念も確かにあるが、それよりもこれまでのようなおいしい思いを中国でさせてもらえなくなったからではないかと、私は想像している。後者については世界的な影響力は強すぎる大物であるので、どこまでが本音でどこからがプロパガンダなのか疑ってみたくなる気持ちも正直ある。

 これに対し、買いを入れたのは、上記の通り、上海以外の中国人と売りに出た優良物件を拾いに来た上海の富裕層のようだ。5月の連休中にいつも情報交換している中国のエコノミストとゴルフに行った。ゴルフをしながら不動産の話になったら、なんと彼も今回の相場で優良物件を手に入れたと。自分が住んでいる高級マンションの1LDKを香港のオーナーが手放したので投資用に買ったとのこと。

関連記事

新着記事

»もっと見る